2010年02月12日

<高萩市長選>現職の草間吉夫氏が再選(毎日新聞)

 任期満了に伴う茨城県高萩市長選は7日、投開票され、現職の草間吉夫氏(43)=民主・自民・公明推薦=が、前市長の岩倉幹良氏(68)を破り、再選を果たした。投票率は61.71%。

 草間氏は、3政党の推薦と各種団体から支援を基盤に、行財政健全化計画など改革路線の継続を訴えた。岩倉氏は改革優先で市民サービスが低下したと批判し、反市長派市議と連携したが及ばなかった。

 確定得票数次の通り。

当11096 草間 吉夫=無現<2>[民][自][公]

  4999 岩倉 幹良=無元(1)

<道新文化事業社>日ハム同行カメラマン肺結核で処分検討 (毎日新聞)
足りない!盲導犬“育ての親” 条件が壁…育成団体、協力呼びかけ(産経新聞)
千歳行きボンバル機、ヒーター故障で名古屋着陸(読売新聞)
<将棋>名人戦 順位戦A級3日(毎日新聞)
緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)
posted by タンデライオン at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島市、今年度中の「子ども条例」提案を見送り(産経新聞)

 日本など193カ国・地域が締約する「児童の権利条約」をベースに、広島市が制定を目指していた「子ども条例」について、広島市は9日、平成21年度中の条例化を見送る方針を明らかにした。条例案をめぐっては市議会などで賛否が分かれており、秋葉忠利市長も「いろいろな意見があり、(制定には)もう少し時間が必要」とした。

 広島市は条例案に「子供が安心して生きる権利」などを盛り込み、学校運営に際して子供の意見を聴くことなどを規定。今年度中の条例化を目指し、市民向けの説明会や意見公募を行っていた。

 市民からは「子供が人間として尊重される」などと歓迎する声が挙がる一方、市PTA協議会は「権利の乱用につながる」として反対。昨年末の市民への意見公募では、条例化への賛成が約1800人、反対が約1600人と拮抗(きっこう)した。

 こうしたことから広島市は、条例案を2月定例市議会に提案しないことを決め、代わって22年度予算案に推進費330万円を盛り込み、学習会などを開いて市民に理解を求めていくことにした。

 同様の条例は、日本が「児童の権利条約」を批准した平成6年以降に制定の動きが起き、名古屋市や兵庫県川西市など約60自治体が条例化している。

【関連記事】
10億人の子供に支援必要 権利条約20年でユニセフ
小学校教師「理科嫌い」 文系出身で抵抗感
小学生は科学用語の要点が苦手
昭和基地と中継「南極授業」 日本科学未来館
【主張】子供の権利 わがまま許す条例は疑問

<飲酒運転>懲戒の警察職員が倍増20人(毎日新聞)
<無人偵察機>飛行試験中に墜落、海へ落下 防衛省(毎日新聞)
伊丹空港廃止、国交省が検討…橋下知事明かす(読売新聞)
雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
秋葉原殺傷第3回公判 証人を遮蔽、けがの状況生々しく(産経新聞)
posted by タンデライオン at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。