2010年01月09日

首相の辞任要求=公明代表(時事通信)

 公明党の山口那津男代表は2日午前、東京・JR新宿駅西口で街頭演説し、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件について「現役の首相の秘書が献金の処理のまずさをもって刑事処分を受けるのは前代未聞だ。後から贈与税を納めれば済む簡単な話ではない。鳩山さんはお辞めなさい」と述べ、首相の引責辞任を改めて求めた。
 鳩山内閣の成長戦略の基本方針に関しては、「目標となる数字を羅列しているだけで、具体的な手段はきちんと書かれていない」と批判。夏の参院選については「10人(選挙区2人、比例代表8人)以上の当選を目指して全力で頑張ってまいる決意だ」と強調した。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方
鳩山政権を取り囲む二重三重の「不安」

PercyWallaceのブログ
うっかりタクシー運転手
ライブチャット
競馬サイト
ショッピング枠現金化
posted by タンデライオン at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。