2010年04月23日

二条城にアライグマ出没か=国宝や重文につめ跡50カ所−京都(時事通信)

 京都市中京区の二条城の建物の柱にアライグマとみられる動物のつめ跡が多数確認されたことが20日、分かった。国宝や重要文化財に指定されている二の丸御殿や本丸御殿など十数棟の約50カ所に上り、二条城事務所は敷地内にわなを仕掛け、捕獲に乗り出した。
 同事務所によると、先月5日、国宝の二の丸御殿の天井から雨漏りのような液体漏れを確認。屋根裏に動物のふん尿と、柱に複数のつめ跡が見つかった。専門家の鑑定で「犯人」は複数のアライグマとの疑いが強まったという。
 柱は人工的な修復が難しいといい、同事務所職員は「建物に害を与えないネコやイタチは見つかるが、アライグマの被害は初めて」と、頭を抱えている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も
火葬せず、ペット以外の骨渡す?=犬死骸投棄、詐欺でも捜査
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄

次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)
「大阪都」どうなる?…19日に橋下知事が新党(読売新聞)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 (産経新聞)
パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走−三重(時事通信)
posted by タンデライオン at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する山崎直子さん(39)や野口聡一さん(45)らが日本時間14日、日本実験棟「きぼう」の船内実験室と地上の間を衛星回線でつなぎ、記者会見を行った。山崎さんは「宇宙から見た地球は想像以上に美しかった」と初飛行の感動を伝えた。

 会見にはISSに滞在する日米露の飛行士計13人が参加。頭を下にして画面に映った山崎さんは「シャトルの座席で急に振動がどどど…ときて、本当に宇宙に行くんだと実感がわいた」と米スペースシャトル「ディスカバリー」での打ち上げの瞬間を振り返った。

 自ら開発に携わったきぼうについて「初めて足を踏み入れたときは感動した。今はだいぶ生活感が出ている」と話した山崎さん。ISSで出迎えた野口さんは「仲間がきてくれてすごくうれしかった。久しぶりに日本語をいっぱいしゃべりました」と笑った。

 山崎さんはこれまでの仕事ぶりを「順調で100%がんばっている」と自己評価。「宇宙は女性も男性も関係なく平等に働ける世界。ここでの経験を持ち帰り、宇宙の可能性を伝えていけたら」と話した。

【関連記事】
山崎さんの宇宙用髪留め、大磯の女性がデザイン
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏
シャトル着陸19日に延期 機体検査の手順変更
「宇宙から愛をこめて」山崎さんが家族に初メール
外国人地方参政権問題に一石

小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
クシュン!桜も身震い 仙台・3番目に遅い積雪(河北新報)
下請代金減額は違法、日産子会社に公取委勧告(読売新聞)
ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)
<成田貨物機炎上>原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
posted by タンデライオン at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

「市議は楽な商売」阿久根市長が市広報紙で(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が、市の広報紙「広報あくね」4月号の市長コラムで、市議について「間違いなく楽な商売」「人はカネを貰(もら)いすぎると他人の痛みに鈍感になる」などと独自の主張を展開している。

 反市長派が多数を占める市議会を批判する記述だが、市長は自身のブログで裁判官の給与一覧を公開するなどの厚遇批判を展開したばかりで、再び物議を醸しそうだ。

 コラムは「陣痛から生まれる命」と題し、市議会の仕事について「間違いなく楽な商売。年間30日もせずに415万円ほどいただく」「議会には本当の議論は一切ない。誰にでもつとまる」などと記述。市議会が、市長の公約だった給食費の半額補助を予算案から削減したことなどを挙げ、「職業議員の高すぎる報酬が社会の痛みを感じる感覚を鈍くさせている」との持論を展開している。

 市職員と民間企業などに勤める市民との年間給与を比較したグラフも掲載し、「官民格差の現実は日本中でひた隠しにされており、公式には官民格差が無いことになっている」などと公務員の厚遇も批判している。

 これに対し、反市長派の市議は「市議の仕事は市議会だけではなく、報酬額も高いとは思わない」と反論した上で、「市議会をボイコットし、説明責任を放棄するような市長に社会の痛みを論ずる資格があるのか、大いに疑問だ」と首をかしげる。

 市議会事務局によると、昨年1年間の議員報酬(議長除く)は396万円。市議会本会議への年間出席日数は計20日前後だが、ほかに常任、特別委員会や市内外の公式行事などへの出席もあるという。

 広報紙は市内を中心に計1万500部配布。読売新聞は竹原市長にコメントを求めたが、市長は「報道の取材は受けない」と答えた。

政治とカネも普天間も、首相「心配ご無用」(読売新聞)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か−容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)
<生活保護>「囲い屋」排除 申請段階で住宅提供 大阪市(毎日新聞)
アイスランド火山噴火、経済的損失「数百億円以上」(産経新聞)
posted by タンデライオン at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。